サポートセンター
大分県6次産業化サポートセンターは、6次産業化に取り組む農林漁業者等を支援するため、農林水産省の事業により設置された機関です。
農林漁業者等の様々な課題に対応するため、専門家である6次産業化プランナーを支援対象者に派遣し、経営改善戦略の作成と実行を支援します。また、6次産業化に取り組んでいる、あるいはこれから取り組もうとする農林漁業者等の人材育成を目的とした研修会を開催します。

◆支援内容

①電話相談窓口の開設(受付は平日の8時30分から17時15分です)
・6次産業化を目指している、あるいは取組んでいる農林漁業者等(農林漁業者が組織する団体を含む)の各種の相談に応じ、アグリプランナー、企画推進員が助言、情報の提供を行っています。お気軽にご相談ください。

②6次産業化プランナーの派遣
・電話相談で6次産業化プランナーの派遣を希望する場合は、相談内容を踏まえたうえで、相談シートを提出して頂き、さらに支援シートを作成して頂きます。
・地域支援検証委員会(第三者機関)が支援シートをもとに支援の如何を検討し、支援対象者と決まれば6次産業化プランナーを派遣し、支援を行います。
※なお、支援期間は1年間です。
・詳しくは6次産業化リーフレットよりをご一読願います。

③人材育成研修会の開催
・加工技術や販路開拓、ブランディング等の経験豊かな専門家を講師に、ビジネスのプランニングから販路開拓までのキーポイントを分かり易く解説します。

④6次産業化の情報提供
・電話相談の際に各種の情報提供を行うとともに、支援対象者には適宜、各種の研修会、商談会、補助金制度等の情報をメール等で提供します。