総合化事業計画

◆総合化事業計画
「総合化事業計画」とは、農林漁業経営の改善を図るため、農林漁業者等が農林水産物の生産及び加工又は販売を一体的に行う事業活動に関する計画を言います。

 【事業活動の例】
 ①農林水産物の加工     ②消費者への直接販売
 ③輸出              ④農林漁業家民宿
 ⑤農林漁業家レストラン
 
   ・総合化事業計画に係る認定申請書 [Wordファイル]
   ・総合化事業計画に係る認定申請書(記入例) [Wordファイル]

◆認定のメリット(各種支援制度の内容)
 ① 6次産業化プランナーによる支援
  1)総合化事業計画の認定に向けたサポート
  2)認定後の事業実施に対するフォローアップ
  3)農林漁業者等からの相談内容に即した課題解決に向けたサポート

 ② 融資制度上の優遇

 ③ 補助事業の活用
  1)6次産業化ネットワーク活動推進交付金(ソフト事業)
  2)6次産業化ネットワーク活動整備交付金(ハード事業)
   ・平成28年度 6次産業化ネットワーク活動交付金 [PDFファイル]

 ④ ファンドの活用
   ・農林漁業成長産業化ファンドの御案内 [PDFファイル]

◆認定を受けるための要件
 ① 事業主体・・・農林漁業者等が行うものであること

 ② 事業内容
  1)自らの生産等に係る農林水産物を原材料として用いて行う新商品の開発、
    生産又は需要の開拓
  2)自ら生産した農林水産物等について行う新たな販売方式の導入又は
    販売方式の改善
  3)上記に掲げるいずれかを行うために必要な生産等の方式の改善

 ③ 経営改善の指標・・・次の2つの指標全てが満たされること
  1)対象商品の指標:農林水産物等及び新商品の売上高が5年間で
    5%以上増加すること
  2)事業主体の指標:農林漁業及び関連事業の所得が、事業開始時から
    終了時までに向上し、終了年度は黒字になること

 ④ 計画期間・・・5年以内(3~5年が望ましい)

◆認定取得までの流れ
6次産業化プランナーの支援フロー

◆総合化事業計画の認定申請及び認定時期
 毎月認定(月末申請→翌月末認定)