研究者情報 【日本文理大学(NBU) 教授・福島 学】
基本情報      (登録日付: 2011年8月15日)
研究機関 日本文理大学(NBU)  
所属部署 工学部 情報メディア学科, 大学院 工学研究科 環境情報学専攻  
職・氏名 教授・福島 学(フクシマ マナブ)  
連絡先住所 大分県大分市大字一木1727番地162  
電話番号 097-524-2748  
メール連絡 研究者へメールで連絡を行いたい方は専用フォームより
URL(研究紹介) http://www.nbu.ac.jp/~fukushima  
略歴 富士ゼロックス(株)システム技術開発センタ員(1989年~1991年),千葉工業大学工学部情報工学科(1991年~2000年),福岡工業大学工学部情報工学科(2000年~2005年),早稲田大学空間情報研究所(2001年~2006年),日本文理大学工学部情報メディア学科(2006年~現在)  
研究・技術情報
分野 電子 制御 情報 福祉 環境 計測 その他の分野  
キーワード 伝送特性計測・制御,信号処理,異常検知・通知,分散処理  
研究・技術概要 バイオメトリクスを用いた追従型本人認証技術の研究
バイオメトリクスの中でも特に経年変化が緩やかであると考えられる副鼻腔での現象を特徴量とした本人認証技術であり,短時間情報による識別が可能であり,認証後の入れ替わり防止のための追従型本人認証への拡張を進めている.

ユビキタスネットワーク実現のための不可視事象センシング技術の研究
ユビキタスネットワーク社会では計算機による積極的な支援を可能とするためICタグ等による現実世界の把握が必要となる.本研究ではカメラ等の映像では捕らえられない事象をセンシングするための技術開発を行っている.

地域環境連携型トータル福祉支援システムの研究)
情報通信網で相互接続された情報リソースを,目的に応じて動的に構成する技術と,現実世界を能動的に把握するための自律駆動型センサデバイス技術を統合し,福祉を始めとする日常生活を支援するための支援システムの研究を行っている.  
利用可能な設備等 ・通信網制御実験装置
・伝送特性計測装置(計測機器と分析用PC)  
協力可能な内容等 ・本人認証(共同研究により対応)
・環境識別(共同研究により対応)
・遠隔コミュニケーションシステム(共同研究により対応)  
産業財産権等 特公平7-83977「応答特性計測装置」
特公平7-120516「応答特性計測装置」
特公平7-120517「応答計測装置」  
その他の情報等 受託研究により「モバイル用エコーシャンセルシステム」の製品化検討(2006年)
受託研究により「話者識別」の実用化検討(2003年)
受託研究により「英語スピーキング評価ソフトウェア開発」の実施(2002年)  
 
産学官連携推進会議 事務局  【(公財)大分県産業創造機構 地域産業育成課 産学官連携推進担当】
〒870-0037 大分市東春日町17番20号  TEL:097-537-2424 FAX:097-534-4320