大分県地域結集型研究開発プログラム
 

トップページ事業概要事業推進体制研究開発テーマテーマ別成果の概要研究開発機器等リンクサイトマップ
   
  事業概要  
     
 
 大分県では、「おおいた産業活力創造戦略」のもとに、21世紀型の産業集積に向けたものづくり産業の振興を進めています。特に、半導体や自動車産業などの先端ものづくり産業を、県経済を牽引する産業と位置づけており、これらの高度加工組立型産業を支える高機能部品や部材の製造供給拠点、研究開発拠点づくりに力を注いでいます。
 しかし、今後、中国をはじめとする東アジア諸国との競争に勝ち残っていくためには、オンリーワン&ベストワンの技術・製品を有する研究開発型企業を育成することと、それを支える優秀な人材の育成や技術・コスト対応力の強化を図ることが課題です。
  現在、高度加工組立型産業の生産ラインや製品にはモータなどの電磁力応用機器が広く使用されており、その高効率化、小型・軽量化に対する企業ニーズは非常に高いものがあります。
 また、環境・エネルギー問題を背景に、利用資源の削減と省エネルギー設計も強く求められていますが、これまでの機器設計理論ではエネルギーのロスが非常に大きく、材料の有効活用が十分にできていませんでした。
  そこで、我が国が世界に誇る電磁鋼板や永久磁石などの最先端電磁材料と、世界でトップレベルの成果を上げている大分大学の電磁力応用技術を活用して、電磁力応用機器の高効率化と小型・軽量化を飛躍的に向上させ、高機能部品・部材メーカーのニーズに応えることを通じて、大分県における電磁力応用技術産業の創出と電磁力応用機器の開発支援拠点を構築することを目指し、本プログラムによる研究開発を取り組みました。
   
 

研究テーマ

   
 

 「次世代電磁力応用機器開発技術の構築」

   モータの高効率高出力化  磁気駆動伝達要素の高機能化   材料活用支援技術の構築

   
 

事業期間  

   
    5年間(平成20年1月〜平成24年12月)
   
 

事業費

   
    22.4億円(うちJST負担10.9億円、地域負担11.5億円)
   
 

参加機関

   
    (平成24年12月、事業終了時点)
 
 ● 企業(12)  
  安川電機(北九州市)/サイメックス(佐伯市)/日立産機システム(東京都)
二豊鉄工所(佐伯市)/前川製作所(東京都)
       
  ニッセイ(愛知県)/デルタ工業(広島県)/デルターツーリング(広島県)
石井工作研究所(大分市)
       
  西日本電線(大分市)/ミューテック(東京都)/フォトン(京都府)
       
 ● 大学等(8)  
  大分大学、群馬大学、茨城大学、岐阜大学、同志社大学、埼玉大学 宮崎大学、大分工業高等専門学校
 ● 公設試  
  大分県産業科学技術センター
 
トップ概要推進事業体制研究開発テーマテーマ別成果の概要研究開発機器等リンクサイトマップ


[お問合せ先]
大分県産業科学技術センター 「電磁力応用技術センター」
〒870−1117 大分市高江西1-4361-10 Tel:097-596-7100(代)

大分大学工学部「次世代電磁力応用技術開発講座」
〒870−1192 大分市大字旦野原700番地 Tel:097-554-7823

公益財団法人 大分県産業創造機構
〒870−0037 大分市東春日町17-20 ソフトパークセンタービル Tel:097-533-0220(代)


Copyright (C) 2013 Oita Prefectural Organization for Industry Creation. All rights reserved.