プランナー紹介

6次産業化プランナーとは、6次産業化に取り組む農林漁業者等の相談に応じてアドバイスを行うために、6次産業化サポートセンターに登録された専門家です。

弘蔵守夫
弘蔵 守夫

プランナーとして6次産業化のお手伝いをする中で、6次産業化は地域の活性化になくてはならないものと感じています。各地域には多くの特徴ある農林水産物がありますが、農林漁業者の皆様は身近すぎて意識していないように思います。これらを活用した「6次産業化」の事業化にあたっては、地域産品の特徴を生かした加工技術、加工設備、コスト、商品販売方法などの商品企画が成功のポイントになります。プランナーとしてこの商品企画をしっかりサポートし、成功につながるような計画書作りのお手伝い、さらに事業化後のものづくりのサポートが大切と考えています。

[専門分野]
 農林水産物の加工技術、品質管理、新商品企画・設計

[資格]
 食品衛生管理者

仲村貞一郎
仲村 貞一郎

『6次化は独自化』
6次産業化は、1次産業のオリジナリティあってこその価値創造だと考えています。生産者ならでは、地域ならでは等のオリジナリティを最大化し、その価値を消費者と共有できるコミュニケ―ション作りのお手伝いをして参りました。商品開発には、コンセプト作りからネーミング、パッケージング、情報発信まで、自身を明確に伝える独自性がポイントとなります。それぞれの生産者さんならではのユニークな独自化から始めてみませんか。一次産業の皆さんが明日へ継続するための応援団でありたいと思っています。

[専門分野]
 ブランディング、新商品企画・設計、広告・宣伝

[資格]
 情報処理技術者、環境社会検定、食品衛生責任者

三浦丈治
三浦 丈治

事業経営は、自らの経営資源に適したビジョン(規模や仕組み)を描くことが、成功への第一歩です。これから商品開発や加工、販売に取り組まれようとしている農林漁業者の方々は、関連する知識や経験の不足から、特に事業計画のプランニングや文書化が苦手で、負担を感じる方が多いようです。事業者との対話を重ねながら、経営資源を十分に把握し、どこから着手すればいいのか、どのようなステップで事業化を進めればいいのかを描き出し、“成功への第一歩”を踏み出すお手伝いをさせていただきたいと考えています。農業者はもちろん、水産業者や林業者の方々の支援にも力を入れています。

[専門分野]
 新商品企画・設計、新商品の販路開拓、
 サービスの提供(飲食店運営、観光等)

油布 恒文
油布 恒文

私は、「良いものは売れる」をモットーに、10年以上大分県の特産品の販路開拓に取組んでまいりました。その経験を生かして生産者を応援したいと考えております。私の販路開拓とは、生産者に寄り添い、生産者の困っていることをひとつひとつ一緒になって考え、解決していくことです。また、その過程で関連する人と人(生産者・行政・団体・専門家・バイヤー・包材屋等)をつなぎ、それが生産者を中心としたネットワークを作り、より多く方が応援者となることが成功の秘訣だと考えております。商品の生産量少なく高コストな商品、人材不足で営業に行けない、売り方がわからない等お困りの方是非声を掛けてください。一緒に対策を考えましょう。

[専門分野]
 新商品の販路開拓、小売(販売店舗運営等)

[資格]
 宅地建物取引主任者

油布 恒文
川辺 房男

顧客起点で開発された新商品は、必ず売れると信じております。県内各地には多くの素晴らしい地域資源がありますので、自社の強みを活かしながらターゲット顧客を明確にした「商品開発」「販路開拓」「販売促進」「販売価格の設定」等を一貫性あるものにするお手伝いに全力を傾けたいと思います。
特に、「新商品開発」では、ターゲット顧客が当該商品を利用する場面を想定しながら競争企業との差別化を図ります。「新商品の販路開拓」では、流通業者との商談の進め方・商品説明のアドバイスをはじめ、商談の設定等を行います。また、商談後のフォローアップの仕方等についても支援させていただきます。

[専門分野]
 新商品の企画・設計、新商品の販路開拓

[資格]
 中小企業診断士、1級販売士

油布 恒文
長谷部 建美

地域資源を活用し、生産から加工、販売まで一貫した体制を構築する6次産業化は、農林漁業者の経営の安定化と雇用の創出による地域の活性化を図る重要な戦略となっています。私は、食品加工所の立ち上げから経営に携わった経験を活かして、6次産業化を計画あるいは取り組んでいる生産者の方々が、事業を推進するなかで発生する多くの問題や課題を解決できるよう、関係機関や関連企業等と連携してサポートします。生産者の方々と一緒になって、事業の実現に向けて貢献できるよう取り組んでまいります。

[専門分野]
 新商品の企画・設計、新商品の販路開拓、経営管理

[資格]
 6次産業化ボランタリープランナー

油布 恒文
南 政典

6次産業化とは、生産者が起業家として変貌することであり、経営者は製造・販売に取り組んでいかなければなりません。必然的に企業としての経営が始まり、特に資金の調達は重要な要因となります。現在の金融機関は農林水産業を地域の基幹産業の一つと位置づけており、融資対象先となる農業法人等は増加してきています。農業法人等によっては、経営規模の拡大・経営の多角化・農地の利用集積の促進により経営の効率化を図っているものもあります。このような中、経営者として資金計画の策定や事業計画書作成等が必要となりますので、そのお手伝いができれば幸いと考えています。

[専門分野]
 補助事業の情報収集、経営管理、資金調達

芦澤 香苗
芦澤 香苗

高齢化と人口減少の中で食品流通は日々変化しています。市場の変化の中で今ある課題をスピーディに解決し特徴を整理し、こだわりのモノづくりやコトづくりをリアルにつなげ発展できるようご支援することが6次産業化プランナーの役割であると思います。相談案件を通し持続的な取り組みとなるよう生産者と同じ目線で関わることをモットーに地域の食の新たな価値を創造しています。

[専門分野]
 新商品開発・新商品設計、料理写真コーディネート、パッケージデザイン制作

[資格]
 調理師、日本惣菜協会 デリカアドバイザー、日本酒利き酒師、野菜ソムリエ、アスリートフードマイスター、食育指導士

越田 剛史
越田 剛史

もともと生産者が持っている魅力を多視点で捉え、その価値を可視化して、魅力を増幅させる。またその対称となる潜在ニーズを見いだし、接点を考え、マッチさせ結果に繋げる。そのために、生産者との対話と、成功イメージの共有、お互いのプロフェッショナルに対する敬意を大切にしています。

[専門分野]
 デザイン、ブランディング、新商品・サービスの企画、IT(WEB関連)、広告・宣伝

藤井 敬志
藤井 敬志

3つの産業 1次(生産)・2次(加工)・3次(販売)をそれぞれ合わせて、1+2+3=6次、または、1×2×3=6となり同じです。しかし、6次産業化の基本は、×の理論で、相乗効果を求めるものです。そこには、各産業の思惑だけでは成り立ちません。 顧客を含めたすべてがWIN-WINの関係を構築し、顧客満足を求めることだと考えます。その為には、顧客が何を求めているかを見極め、十分な計画と実施(活動)、そして顧客への貢献(顧客満足)だと思います。1次生産者は増益も忘れてはなりません。何が売れるかも大切ですが、「なぜその商品を売るか」の何故が大切と考えます。雇用の促進も大きなテーマでもあります。

[専門分野]
 品質管理、商品開発、ハラル食品の開発

渡邉 邦治
渡邉 邦治

私は、小売り業で県産品のバイヤーとして、また、卸し売り業で県産品の商品開発と販路開拓に取り組み、生産者と消費者が求める商品とは何かを、両者の視点で考えて参りました。商品作りには、品質管理、衛生管理に伴う、作り手の安心、安全への意識と環境作りが大切です。その目に見えない安心、安全への積み重ねが、消費者の安心、安全に、そして、販路開拓に繋がります。また、コストの問題、物流の問題等、商品作りの様々な問題を一緒に考え、各機関とも連携しながらサポートして行きたいと思います。末長く愛され続ける、安心、安全の商品作りを目指して、商品開発と販路開拓のお手伝いさせて頂きたいと思います。

[専門分野]
 新商品の企画・設計、新商品の販路開拓・小売り

田中 美智子
田中 美智子

6次産業化とは、1次産業者だからこその取組だと思っています。そのために必要なことはターゲット、販路先を明確にし、品質を高め、価格に見合った商品つくりを行っていくこと。また、商品を作り出すことが最終的な目的ではなく、1次産業者の強みは何か、その優位性を活かす開発は何か、販路はどこなのかを明確にし、6次産業化商品としての魅力を活かした企画、開発、商品作りを行い、収益をアップしていくことが本来の目的だと考えています。1次産業者だからできる6次産業の素晴らしい取り組みを成果へ導くこと。そんな6次産業化を1次産業者とともにめざしていきたいと考えています。

[専門分野]
 ブランディング、商品企画、販路拡大、サービスの提供、商品開発

[資格]
 食の6次産業化プロデューサー(食プロ レベル4)、販路コーディネーター1級、セールスレップ1級、機能性食品アドバイザー・インストラクター
 

是永 逸郎
是永 逸郎

農業者が丹精込めて作物を育てても、市場価格や天候などに左右されて、思ったような収益が上がらないという状況があります。農業者が持っている生産ノウハウとその生産物はもっと適切に安定的に評価されるべきであると私は考えています。林業や漁業についても同じことが言えます。現実がそのようになっていないのであれば、それをただ嘆いているのではなく、自ら収益性を上げることに取り組まなければなりません。生産者が自ら生産したものを加工する、販売する、などはその方策の一つです。しかし、うまくやっていくためには、工夫を重ね、様々な課題を乗り越えなければなりません。そのためのお手伝いさせて頂きたいと思っています。

[専門分野]
 新商品企画の情報収集・分析、新商品企画、その他(ITの活用)

[資格]
 中小企業診断士、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、3級知的財産管理技能士
 

園田 寿
園田 寿

実家が漁業者で、近年水産業の衰退とともに地方の衰退も感じます。地方の潤い、活性化のためには一次産業の隆盛は必須。一次産業従事者が、より豊かな暮らしや生きがいを得るために、付加価値をつけ商品価値を高めることで産業を盛り立てて、それが地方活性化の中心であるべきだと考えています。自分の消費者目線からの経験や知識を生かしてそのお手伝いできればと思います。

[専門分野]
 新商品企画、新商品企画の情報収集・分析、新商品の商品設計、農林水産物の加工

[資格]
 野菜ソムリエ、食品衛生責任者

溝口 好一
溝口 好一

平成23年より6次産業化事業に携わり、本業である一次産業を行いながら6次産業化を行うことの面白さと大変さなど様々見てきました。特に自社の加工施設を検討する場合、現在何も無い状況からスタートするため様々なこと(人・モノ・金・情報・ビジョン・販路計画と事業計画等)を創造し検討する作業が必要になります。商品企画・商品設計・加工施設設計施工・流通設計・営業戦略と販路構築までゼロからゴールまで支援してきた経験実績と人脈で、皆様の『思いを形に・夢の実現』の一助となれるよう私も頑張って支援していく思いです。

[専門分野]
 農林水産物の加工技術、新商品企画、商品設計、品質管理、補助事業の情報収集

[資格]
 一級厨房設備施工技能士、食の6次産業化プロデュサー(レベル4)、HACCPコーディネーター、HACCPインストラクター、PCQI認定(FSMA予防管理認定者)